意外と乗れる

ちと自転車をお借りしておりました。
撮影に使う用で、イメージ的に「一般的なMTB」が望ましかったのですが、ワタクシの所有しているMTBは、トライアルだったり、ジャンプバイクだったりして、いわゆる「一般的なMTB」ではなく却下。
で、お願いしたら快く貸していただけました。

いやしかしよく走るもんだね。軽いし、バランスもいい。
ちと欲しくなりましたよ。

ところが落とし穴が一つ。
ブレーキが左右逆。
最初気がつかなくって、ウィリーしたらすっこけた。。。
でも不思議なことに山走るときは意外と気になんない。普通に乗れます。
もちろん攻め攻めではどうなるかわかりませんが。。。
サスがあるから若干のことは吸収してくれてたんだとは思うのですが、我ながら意外。

昔「ブレーキかけるときの前後比は何対何ですか?」って聞かれ、両方均等にかけたらいいよって答えてました。最近はあんまり聞かれませんね。これ。
今回はこのことが実証された気分。一人でしたが。。。

ウィリーやマニュアルなんかの時は後ろだけ使いますけどね。
困ったのは自転車押して移動してる時。
向き変えようとして後輪浮かせようとフロントブレーキ握ったつもりが反対。とか。
そういう細々したことの方が気になるってのも面白い発見でした。
たまにはこういう全く逆のセッティングとかもいいなぁ。

コメントを残す