朝、思いついて1人で墓参。
徒歩で小一時間かけて坂を登る。
気温は低く、顔がひりつくほどの冷たさ。
途中にあったため池には氷が張っています。

空が澄んでいて、御岳山がよく見えました。
日の光が当たって明るい面と影になった面の対比が綺麗でした。

僕の携帯電話のカメラで写すとこんな感じにぼやけています。
でも、そんなもんだろうなと。
僕の立っていた場所の顔を切るような空気の冷たさ、鳥の飛ぶ影、他の墓参の方の気配などは写りません。
その場に立っていた僕の感覚は僕にしか感じられません。

伝えられる情報なんてのはそのくらいのものだと、2011年に学んだ気がします。
実際にその場に立って、その場で動いて、その場で感じる。
実際に、人に会って、人と話して、その人を感じる。
その場に臨んだ者にしか得られない事があるということ。

そこをわきまえて物事を考え、動けるようになりたい。
そんなことを思っているのです。

2011年は大変なことも多くありましたが、僕は元気に生きています。
僕が元気でいられるのは、お会いした皆さんのおかげ。ありがとうございます。
2012年も僕は元気に生きて僕にできることをちょこちょこやっていこうと思います。
皆様、これからも宜しくお願いいたします。

コメントを残す