筋肉痛に思う事

日曜にGONZOtrackで遊び過ぎて筋肉痛です。

ちゃんと当日からきてますよ!!←若さアピール(笑)
トライアルライドでは使わない筋肉を
BMXコースやダートジャンプでは使います。
なにもない所から上に跳ぶトライアルと、
ハンドルのプッシュ&プルなどを利用して前に進むダートでは、
やはり必要とする筋肉が違います。
で、そう頻繁にダートジャンプで遊ぶ訳じゃないので、
そこの筋肉を刺激されて筋肉痛になるわけです。
しかしですね、
そこの筋肉を使おうと思って使ってる訳じゃないんですよ。
身体を適所に動かした結果、不足してる筋肉が刺激されてる。
じゃ、その不足してる筋肉を意識して使うようにすれば、
もっとうまくいくのか?っていうと、そうでもない。
力んじゃったり、全体のバランスを崩してしまったりして、
逆にスランプになったりするから面白い♪
案外、教える側と教わる側のギャップってのは
ここら辺にあるのではないかなと思います。
そうそう、
今日は河原でラロームごっこをしてみました。
あるイベントの試乗コースを考えるに当たって、
どんな風にしたら、楽しく、分かりやすく試乗できるだろうかって。
コーナリングだけでもバイクの特徴ってのはよく出ますね。
乗り比べてみるなら、乗る場所はシンプルな方が良いのかも。
合計1時間弱くらい乗っただけですが、
最初はデコボコで走りにくかった河原も、
タイヤでつぶされて走りやすくなりました。
けっこう汗もかきますね♪
冬の間は川が増水する事もないだろうから、
少しコーナリングについて深く考えてみようと思います。
ほんでは、また。

コメントを残す