シチュエーションプレイ

あんまり盛り上がらない動画を作りました(笑)

いやいや、先週の「稲妻フェスティバル」前日にね、
セクションの準備が終わってから
なんとなく身体動かしたくなって、
まあ、どうせ自転車乗るならなんかしよう、と(笑)

で、30cmと40cmの高さのボックスを2つ置いて
ライドする風景?を撮ってきました。
もう18:00前後で真っ暗だったので、
照明にクルマのライト。
なので、ディーゼルエンジンの音が入ってます。
なんか雰囲気がいい感じなので、
今回は音楽をかぶせませんでした。

編集しながら思った事は、
我ながら、もっと他の動きはできないのかと(笑)
編集の段階になって、
アレもやれば、コレもできたって思ったよ。

でね、『シチュエーションプレイ』って言葉を思いついた。

今回の動画のように
与えられたシチュエーションで、
その時乗っている自転車で、
頭ひねって、こんなんしたら面白い、
こんなことしたら楽しいかも、
と考えたり思いついたりして、
実際にライドしてみる楽しさが好き。

与えられたシチュエーションをフルに使って、
自分のでき得る限りの事を考えて実行して遊ぶのが
シチュエーションプレイ。

よく考えてみたら、僕はずっとそんなことしていたよ。
ストリートってのも根っこはこれなんじゃないかなぁ。

僕の場合、
やってる事はどこへ行っても大して変わらないんだよね。

そこにあるシチュエーションのなかで、
自分のできるライディングを
どんな風につかって、どんなふうにつなげれるのか。
あと、どのくらい攻め込めるのか(笑)
それが僕の大好きな『シチュエーションプレイ』です。

お好きな方はどうぞ。

コメントを残す