MTB全日本選手権クロスカントリー

先程もpostしましたが、
MTB全日本選手権クロスカントリーの観戦に行ってきたのです。
今、撮ってきたビデオ見返してましたが、
なあんか胸が熱くなってきましたね。

見ていたのはエリート女子、そしてエリート男子の2クラス。
全日本選手権というのは、その名の示す通り、
「このレースに勝った者が『全日本チャンピオン』になる」と言うことです。
だから、選手はここに照準を合わせ調整してきますね。

この日は高原にある富士見パノラマスキー場といえど、
梅雨明けの強い日差し。どんどん上がる気温。
長距離競技には過酷といっても良い条件。

選手達の走る姿に、興奮した。
まったく日陰のないゲレンデの登りで、
荒い息をなだめながらペダルを回し続ける選手。
まさかあの自転車で?と疑いたくなるようなスピードの下り。

自ら定めた仕掛け所で周りを置きざりにし引き離す。
相手の視界から消え追いかける気力を奪わなければ、
今度は自分が抜かれてしまうだろう事を知っている。
なぜなら、これまでの長い競技生活の中、
数多くのレースで、見失う側を何度も味わっている。
最終周回、暑さにやられ、何でもない直線の下りでの転倒。
全力を絞り出した証拠。3位。

レース中盤から二番手を一人旅する選手。
後ろは気にしない。ターゲットは前を往くチームメイト。
ジワジワ追い上げようとする矢先、メカトラブル。
そして半周後またメカトラブル。それもレース。
二度のトラブルにも関わらず、差は2分40秒。
また来年。レースが終わればいつもの平和な笑顔。まだ若い。

リードしながらも決して油断せずさらに自分を追い込み、
ゴール後に倒れる3連覇チャンピオン。
表彰台での涙。
ディフェンディングチャンピオンのプレッシャーとプライド。

リザルト速報はこちら→http://jcf.or.jp/?p=12975

こんな感じのエリート男子。
日本最高峰のレース。
誌面に取り上げない専門誌どうかしてる。
現場にきてほしいね。そしておおいに語ってほしい。

コメントを残す