報告:「補助輪をはずそう」でしたよ

okp140722
※写真はイメージです 走り回ってて写真撮るヒマがありませんでした(笑)

本日、多治見市体育協会さん主催の「補助輪をはずそう」でした。
場所は多治見市文化会館。休館日の駐車場をお借りしました。
平日なんですけどね。夏休みだから参加できる人もいるだろうと。

が、実際の参加者はなんと2名(笑)
定員15名近くまで参加希望があったらしいんだけど、幼稚園だかのイベントが重なったとかで大量キャンセル&当日体調悪くされた方などもいた様子。
ん〜、体育協会Mさんは頭を抱えてましたけど、僕は丁寧に向き合えるのでこれはこれで良かったかなぁとか。ゴメンよMさん。

2名となると、そりゃもう至れり尽くせりですよ(笑)
細かい癖もちゃんと見れるし、その対策もできる。

子どもは大人が思うよりも不器用だったり、そうかと思うとものすごく器用にできたりしますね。
ひとりひとり発育の状況も違えば、もっている身体の感覚も違いますし。
「ペダルを踏む」という動作ひとつとっても、子どもってほんとバラバラ。
良い悪いではなく、それはそういう能力だし、必要なことを補強すればいいし。

今日は、ヒザを使って足裏に力を伝える感覚を掴む運動も交えたり。
これで、つま先が前に向かないのをちょっと補整。
ついでに自転車が加速した時に身体が負けないように。
なんだか回を重ねるごとに自転車に乗らない時間が増えているような・・・。
2時間の講習だったけど、実質自転車に乗ってた時間は相当短い。

で、今日はひとりは完璧に乗れるようになり、もうひとりはあとちょっと。
だけどホンのちょっとサポートなしで走れたし。
体格と自転車の問題もあるからなぁ。

でも、目の前でグングン自信をつけていく様子は見ててうれしい。
楽しそうにしてる横顔はこっちが元気になるね。

また開催しますよ〜。
では。