競技から得たもの

先日、久しぶりに会った友人と話をしていました。

彼は、元ダウンヒルレースで良い順位で走っていた男。

いまは、仕事と家庭で忙しく、なかなか乗れないとこぼしていました。
彼はうれしそうに「レースに打ち込んでいて良かった」と言います。

それは、いまの仕事にもちゃんと活きているのだと。


無いものは無い。出来ないことは出来ない。
そのうちに出来るかもしれないけど、その場には間に合わない。
割り切って、手元にあるもので最大限の成果をあげる。
あげられるように考える。工夫する。

そういうことが良い経験になったんですねぇ。
と、彼と笑いながら言いました。

何かに一定以上のめり込んだ者が持つ達観。

とても気持ちの良いお話でしたとさ。

ちなみに彼は
「このあいだ、すごいことに気がついたんです!
 現役の時に気がついてたら、もっと速く走れただろうなぁ!」
と言っていました。彼の頭の中は常に現役。
子供が手を離れたらまたレース出ようね。一緒に。

コメントを残す