健気なやつ

自転車の前輪は「転がされてる」って事実。
・・・何を今更って思った方、申し訳ありません。

後輪は「回される」し「転がされてる」ですよね。
その局面で変わります。
でもぜんりんはひたすら「転がされてる」

おまえ、そういう奴だったのか、と気が付いた時の衝撃は快感を伴う程。

前に進もうとする自転車+人間のチカラを受け、地面との摩擦によってしょうがなく転がる前輪。文句一つ言わず。
なんて健気な奴。。。

今まで数台の自転車のデザインもして相応に構造上の知識も持ってる。
でも、その時まで気付いていなかった前輪の受け身な姿勢。
だってトライアルの自転車ってあんまり転がる事考えないんですもの。

確かタイヤのグリップと抵抗について考えてて気が付いたんだっけな。
この気付きを発端に、タイヤの回転の抵抗、グリップ、振動についてイメージが一気に広がりまして、、、気付くって素晴らしい。

世の中で物理くらいカタオモイな相手はいない僕の頭。
おかげでこんな単純な事に気が付く度に、楽しくなってしまうのです。

自転車に乗らなくても自転車で楽しくなれるマニア宣言でした。

昔、陶器商が使っていた自転車だそうです。 重い陶器を載せながらも健気に働いてた前輪の事を思うと涙が出ちゃう。。。
昔、多治見で陶器商が使っていた自転車だそうです。
重い陶器を載せながらも健気に働いてた前輪の事を思うと涙が出ちゃう。。。