3D映像と交通安全と僕

先日向かったのは荒川区の汐入東小学校。
目的は自転車産業振興協会さんと南千住警察署さんが実施する「みんなで楽しくサイクル&3D」という催し。演出にNHKメディアサービスさん。

このイベント、自転車の各種競技や楽しみを取り上げた3D映像を大きなスクリーンで見、MTBパフォーマンスを生で見て、自転車の楽しさ&可能性を知ってもらった上に、警察署の皆さんと道路上での自転車のマナー&ルールについて体験し、学んでもらおうと言うもの。とても欲張りです。

僕はこの中で、3D映像の説明したり、全体の進行とMTBパフォーマンスをして、警察署の鈴木さんと交通ルールの実演をしておりました。要はフル稼働です(笑)

3Dの映像は前にも観た事があるのですが、ついつい魅入っちゃいます。ロードレースにBMXに競輪にMTB。
僕の場合は知ってる人間が出ていたりして裏の楽しみもあったり(笑)

また交通ルールでは、児童代表の何人かに、自転車が向かってくるとどういう気持ちになるのか? 後からすり抜けられるとどのくらいビックリするのか? 見通しの悪い交差点で急に自転車が飛び出してくるとどのくらい危ないのか?などを体験してもらったりしましたよ。

もちろん、飛び出したり、すり抜けしたりする「悪い子」が僕の役目。南千住警察署の鈴木さんに叱ってもらえるので安心して悪い子になれました(笑)

最後に「急ブレーキで転倒」するスタント。
児童に「どんなに上手な人でも急ブレーキかけたら転ぶ」事を知り、安全速度を意識してもらおうと言う試み。自転車は楽しいけど一歩間違うと怖いねって思ってくれたらいいなと思って導入。

児童退場で、みんなとハイタッチした時に「僕、気をつけるよ〜」って言ってくれた子が何人かいてとてもうれしい。ほんと気をつけようね。

僕自身が高校生の時に「左巻き込み事故」を経験しているので、交通安全のパートには自然と熱が入ります。乗って楽しい自転車だけど、事故に遭ったら楽しくなくなっちゃうもんね。

次回は6月に調布の学校へお邪魔しますよ〜。

地元の駅裏放置自転車。 これも交通ルール違反。大人がお手本にならないとねー。
地元の駅裏放置自転車。
これも交通ルール違反。大人がお手本にならないとねー。