近況「面倒くさくて変えられないのです」

隔日くらいかな。ランニングしている訳です。
出番の時には乗ってしゃべっての体力勝負なので、その為でもある。

ロード乗らないんですか?って言われることもあるけど、腰をサドルに預けてペダルを回すロードと、自分の足で地面を蹴って進むランニングだったら、ランニングの方が飛び跳ね系にはあってるんじゃないのかなという理由。
ゆっくり走る時もあるし、インターバルをする時もあるけどね。

ランニングにはMBTも使うんだけど、基本的にはもうずいぶん昔に買ったシューズ(といっても数年眠ってた)を使ってて、この古いシューズは走る距離も大した事ないからなかなかソールも減ってない、なにより別に本職?でもないから履ければいいくらいの感じで使いつづけてしまう。

ただやはり古いせいか、ソールのゴムの部分がペロンと剥れてしまったんですね。おお、こりゃ変え時かなぁって見ると、まだ減ってないソールの部分が見えてしまう。

で、つい直しちゃったんです。接着剤で。
貧乏臭いかなぁとおもいつつ、告白しております。

そもそも「モノを変える」ってとても面倒くさい。
変えてからちょっとの間、慣れるまでのこうゴソゴソした感じが苦手。
できれば使いつづけてきた物をそのまま使っていたい。

自転車もそうなんだけど。
だから10年も前に自分で考えたフレームに今も乗り続けてる。

だから、新しい物に変えたらモチベーションが上がるなんてことがない。上がらないどころか反対に変えたばかりの時の違和感に下がる事も多くて、そういう自分を知ってるからまた面倒くさくなってしまう。悪循環。

ということで、次にどこか壊れたら新しいシューズ買おう。

しかし改めて見るとボロボロすぎる。。。 やっぱり新しいの買おうかな。
しかし改めて見るとボロボロすぎる。。。
やっぱり新しいの買おうかな。