報告:「マウンテンバイク体験」の風景 = 多治見市スポーツ体験フェスティバル後編

前回の続き)

午後は同会場で「マウンテンバイク体験」をしておりました。
広場に、障害物をいろいろと置いて好きなように走ってもらいます。
もうね、難しい事言わないよ。
危なくないようにだけ気をつけてもらってね。

今回のコースでは新作を作って見ました。思いつきで。

スロープから階段降り。 製作5分。
スロープから階段降り。製作5分。

子供が走るとこんな感じ。

okp140325_2

反対側は、いろいろ選んで遊べます。

okp140325_1

がたがた板、シーソー、一本橋。
ひたすら繰り返し体験してくれる子がいて、最終的に2×4が4つ縦に連なった一本橋をものすごい成功率で渡るようになりました。

okp140325_3

で、お節介して苦手そうだったクランク区間を一緒に走ったり。
前を走るとちゃんと回れるんだけどね。ひとりだと引っかかっちゃう。
でも、ほんとにお節介だったみたいで、
「ここはあんまり面白くない」って言われちゃいました。失礼(笑)

用意した自転車に乗れない子も補助して体験してもらったりしました。
これがけっこう大変な数で、僕とお手伝い頂いたIMKさんは走り回る走り回る。

こういう体験の時は「上達」の為じゃなく「楽しいよね」って気持ちを込めてコースを考えます。
上達の前に「楽しい」があって欲しいというか、「楽しい」がないと自立して上達していかないとも思ったり。そして上達するのはさらに楽しいと思うのです。独りよがりですが。

こんな感じの「多治見市スポーツ体験フェスティバル」でした。
関係者皆様、そして会場で会った皆様ありがとうございました。

また会いましょうね。