レポート:寺子屋でしたよ!(2018年1月)

2018年最初の寺子屋でした。
朝こそ寒かったものの、だんだんあったかくなってきて、途中Tシャツで乗ってる人まで。

常連さんばかりの少数での開催となりましたが、また今後ご新規さんの参加もお待ちしていますよ。
当然常連さんもどしどしお越しくださいませ。

==

朝の『マウンテンバイクドリル』は、、、ゼロ!
今回チャレンジしてみようと思ってた課題は、そのまま『個別レッスン』のウォーミングアップに流用。

昨年の今頃『デコボコプッシュ』という動画をアップしてましてその応用。
YouTube : okp channel 『デコボコプッシュ』
高さ10cmほどの段差を、前後それぞれのタイヤが登ったり降りたりするタイミングに動作を合わせて失速しない練習。当然ペダリングは無し。

もちろんそのままでは初めての人には難しいので、登りのスロープも用意してたんですが・・・まあ、個別レッスンの皆さんにも評価よかったのでよかったです。

『マウンテンバイクドリル』では、1時間の間に基本的な『曲がる』『下る』『登る』や、バランスの練習になるようないくつもの課題(ドリル)にチャレンジしていくスクールです。
また、ご興味ありましたらぜひご参加くださいね(宣伝)

==

さて、個別レッスン。

個別レッスンでは、参加者それぞれの目標に向かって練習する場。
僕は、それぞれの間を回りながら、練習方法やアドバイス、実演などをしていきます。
僕が他の人を見ている時間は、自主練習か休憩。それも各自のペース。
今回は、参加者が3人だったので、参加者さんを巡っていくペースが早く『しんどい』なんて言葉も漏れてました(笑)

段差登りの練習中。高さは30cmです。
トライアル競技向けの自転車なので、いわゆる普通のマウンテンバイクと勝手が違うところがあります。

前回まで前輪コギ上げのところを練習していただいていて、そこはだいぶマスターしたので、今回はその後の後輪が乗るまでの練習を中心に。

前輪が段差に乗った後、『顔』で前輪を上から『圧し』て、そのまま後輪が上がった後の自分の位置まで一気に伸びます。
自転車がトライアル競技向けなので、体の前後動の距離が確保しやすいので、前輪が段差に乗った静止状態から体の動きだけで登る練習も。
これは最終的には高さ40cmでも成功したので、あとは一連の動作をつなげてできるようになるといいかな、と。

他にもダニエル(後輪で立って跳ぶ)練習や、フロントリフトのコギの方向を知るための立ち漕ぎウィリーの練習などもしましたね。
あと、動作前のバランスの整え方を宿題にしました。頑張ってください(笑)

==

ジャックナイフターン→リバース→ターンして前進が目標。
ジャックナイフターンからリバースに入るところまではできていますが、その後のバランスが課題。
地味に難しいところです。

前に進む時には『前輪と一緒に進む』と伝える僕。
後退する時には『後輪と一緒に進む』を練習してもらいます

慣れない動きというのは『時間の経過による位置の変化』を意識することが難しいようです。
予測が難しい、と言ってもいいかもしれません。
そうしたものを、手順や見るだけで理解するのはなかなか難しいので、イメージしやすいものに例えて説明したりします。

今回参加者さんに刺さったキーワードは『ザリガニが逃げるイメージ』でした(笑)
びっくりするほど効果テキメン!

最終的には、ポゴ180(走りながらホッピングで180度回転)からリバースまでいきたいとのことなので、斜面を使ってちょっとターンからのリバースの練習も。
これなら、180度回らなくても後ろ向きに進む力が得られます。
平地でいきなりポゴ180の練習すると、吹っ飛んだり、後輪ポテチになったりするので、オススメです。
今はまだジャックナイフターンですが、慣れてきたらホッピングも使うように練習していきましょうね。

==

今回からの新導入?の10cmの段差。
段差に向かってのテクニックの初歩練習台です。

これなら怖くない!といきなり新記録の幅跳びを成功させた証拠がこちら。

「ディレイラーをぶつける心配もないのでとてもいい!!」
とのことです(笑)

さて、こちらの方の課題としては、コギを入れながら跳ぶ時の身体各部の連動と伝え方。
習熟度は十分なので、動作の捉え方の問題かな、と。

跳ぶ前に腰を落とす際、ちょっとハンドル引く様にして背中を立てていくのだけど、その動きとペダルを戻す(上げる)動作が連動していない。両方ともバラバラに動いていました。

とりあえず対策はシンプルに「手足伸ばしたまま身体を後輪の方にハンドル引っ張る感じで動き、そのまま同じ位置に戻る(ついでに跳ぶ)」でした。

で、見事に跳びましたね。バビョーン!って(笑)

これから覚えるよって人にはこんなアドバイスしませんけど。。。
すでに個人が持っているスキルと感覚を類推して、アドバイスを送るとこんな感じになるってことで。そのための個別レッスンです。

このやり方である程度の高さまでは跳べますが、それ以上跳ぶ時にはまた別の要素を足してく感じで。

 

あと、ジャックナイフターン180とかもやったけどね。
「前輪に上から乗る」「顔で捉える」の二点だけでだいぶいい感じに。
いつも(多分彼がくるようになってからずっと)言ってることなんだけど、まだ身についてなかったってことで僕もまたちゃんと伝えられるように努めます。

==

ということで、今回の寺子屋の報告は以上です。
次回は2月11日(日)。申込はもう受け付けています。

寺子屋:MTBドリル&少人数個別レッスンのご案内

ご参加お待ちしております。

==

午後は自分練習。練習っていうか、乗ってただけだけど。
上の10cm段差は本当にいろんなことが怖くなく、僕も久しぶりなこととか思いつきとかいろいろやってました。

↑ 地味に普段やってるのといろいろ違う回転なんだけど、、、わかるひとだけわかればいい(笑)

この10cm、いろいろ遊べるので、2月のマウンテンバイク広場にもいくつか置くようにしますね。また遊んでくださいませ。

ではまた。