カラダの文法

自分のカラダが感じた事をうまく読み取れるか。

身体は骨と関節と筋肉で動きます。
これらに意思が神経を通じて指令を出す。動け、と。
動いた結果、感触、感覚が生まれ神経を通ってかえってきます。
この「動き→感覚」にはいくつかの定型パターンがあって、
僕はこれを身体の文法ではないかと。

伝え聞くコツや、注意すべきポイントはキーワード(単語)ですね。
個々を注視しすぎると、全体が見えにくくなりますが、
自分のカラダの文法に載せて考えてみると
全体が見えてくる・・・気がします。

運動の楽しみの1つはここにあるのだと僕は考えます。
自分のカラダとの会話。
より多くの言葉と文法を知り、
様々な文法に則って身体との会話の「妙」を楽しめます。

自分のカラダの文法を知るには、
普段から身体へ意識を向ける事。

座る姿勢、歩く時にどこを意識すればどうなるのか。
走る時はどうなのか、モノを投げる時はどうなのか。
自転車でも、ここを意識するとどうなるのか、
意識したら、こっちは変わったけど、こっちはマイナス。
また力加減はどうなのか。

身体やメーターの数値の変化を待つまでもない
感覚との対話です。
数値はそれらを裏付けてくれるもの。

今まで教室を開いた中での経験ですが、
ヨガなどを熱心にされている方は
この感覚を掴むのに長けているようです。

数字、モノに関わらず、
カラダの感覚へ興味を持つ事が
運動自体を楽しくさせてくれるのではないかと。
自転車に限らずですけどね。

と、いう事をなんとなく思ったのでした。
思えば当たり前の事のような(笑)

書き散らしで失礼しました。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.